浮気調査比較ナビ >> 浮気調査探偵社の選び方

浮気調査探偵社の選び方

まず、雑誌広告やインターネットなどで目にとまった探偵社を2,3ピックアップします。
次に、調査をすぐに依頼するのではなく依頼する調査に関するきちんとした見積りを出してもらい、納得するまで検討しましょう。
現在、探偵社のほとんどが相談無料ですので、まずは相談し、できれば直接調査員と会い話しをしたうえで、その人(探偵社)が信頼できるか、提示された調査料金は依頼した問題を解決するために妥当かどうか見極めることが大切です。また、重要になるのは報告書の例を見てみるということです。 わかりやすく、細かく調査されているかどうかや、自分が知りたい情報が押さえられているかどうかなど、あらかじめ確認しておけば自分が何にお金を払っているのか、イメージしやすくなるはずです。

実際にかかる費用はどのくらい?

依頼者にとって、提示された調査料金が妥当かどうかを判断するのは非常に難しいように思われるでしょう。
ここでは調査料金の決め方を、引越しを例にとって検討してみます。
皆さんが引越しをする際、引越屋さんに依頼する人も多いと思います。
忙しくて時間が無かった場合、あるいは自分で荷造りするのが面倒な場合などは、一から十まで引越屋さんにお願いし、その際の引越料金は数時間で十数万円の費用がかかります。
また、出来るところまでは自分で荷造りをするけれど、重い荷物の梱包や運搬、トラックの手配などを引越屋さんにお願いした場合は、前者より少し安い費用ですむでしょう。
ところが、探偵は、引越屋さんとは異なり、なかなか馴染みが薄いないものではないでしょうか。
特に初めて依頼される方にとって、料金や成果物について、戸惑いも大きいと思います。
しかし、我々探偵社は、引っ越し屋さんと同様に、プロの技術と責任を持って調査を行います。
それは多かれ少なかれ皆様が知らない方法であり、それを商品として購入していただくのです。
きっと貴方は、真実を知るための技術を必要としていることでしょう。
そして真実を知ることが、問題の解決に役立つことを、強く認識していることでしょう。
私たちは、その必要に応じて、技術と責任を持って迅速に調査いたします。
その上で、それ相応の調査料金と経費がかかることを納得していただければと思います。

最大でどのくらい必要なのか?

調査料金の大半は、情報量と調査期間に依存していると言えます。
調査料金を決める際には、自分の持っている情報量を明確にし、そして調査内容、調査方法、調査期間について我々調査員とじっくり話し合うことで、納得のいく妥当な調査料金が導かれるのです。
調査料金の決め手では、調査で一番費用がかかる「行方調査」について具体的に考えてみましょう。
行方調査の場合、残された情報量によってかなり左右されます。
何も無いところから調査を始めると情報収集のために大変な時間とコストがかかります。
情報を入手するためには、聞き込みをして少しでも情報があればその場所へ行き、また聞き込みをする、といった方法を繰り返し行ったり、聞き込み以外の別の専門方法を用いたりと様々な方法で集めていきます。
例えば1ヶ月間、調査員3名で動いて、諸経費・交通費1日約1万円として30万円かかり、そのほかの情報収集のためのコストで数十万円としても、大半が経費にかかる金額になります。
このように事前に情報をどこまで知っているかによって、経費にかかる金額も変わっていくのです。
つまり調査料金を少しでも安くすませるためには、 自分で出来るところまで情報を入手しておくというもの一案です。